動脈硬化 加齢

MENU

放っておくと恐ろしい動脈硬化は、加齢が原因?

動脈硬化の症状・原因について

 

患者数が非常に多く、
医師には命に関わる病気としても知られている、動脈硬化。

 

生活習慣病の一つとして、予防や早期発見・早期治療にも
注目が集まっています。

 

動脈硬化とは、どのような病なのでしょうか?

 

原因とは?

 

動脈硬化の症状・原因について

 

そもそも、動脈硬化の原因とは、何でしょうか?

 

動脈硬化の原因となる事柄について知っておくなら、
そのような生活習慣を避けることで、
予防・改善を図ることができるでしょう。

 

それで今回この記事では、主な動脈硬化の原因として挙げられる
加齢と動脈硬化の関係について、調べてまとめてみました。

 

加齢と共に動脈硬化が気になる、自分の体は自分でケアしたい、
と思っておられる方は、是非参考にして下さい。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

加齢と動脈硬化

 

動脈硬化の症状・原因について

 

動脈硬化が原因となる、脳梗塞や脳卒中などは多くの場合、
中高年またはそれ以上の年代の方に多い病気です。

 

それで、動脈硬化の大きな原因の一つに、
加齢をあげることができます。

 

動脈硬化は、本来しなやかであるはずの動脈、
つまり血管が固くなってしまい、それにより全身の血液循環が
悪くなるという病気です。

 

加齢により、血管そのものも歳をとりますから、
ある程度動脈硬化が進むのは仕方がないことなのです。

 

しかし、加齢だけではない生活習慣などの要因も、
関係しています。

 

動脈硬化の原因には、食習慣や運動習慣などの、
生活習慣が大きく関わりあっている
のです。

 

また、生活習慣に加えて遺伝的な要因も関係しているんです。

 

コレステロールが高い家系や肥満者が多い家系の方は、
動脈硬化が年齢以上に進行しているということも考えられます。

 

定期的な医師の診察や、セルフチェックがとても大切です。

 

加齢による進行のスピードは変えられる

 

動脈硬化の症状・原因について

 

加齢による動脈硬化を、完全に抑えることはできません。

 

しかし、加齢による動脈硬化のスピードには個人差があり、
非常に様々です。

 

加齢による動脈硬化のスピードを遅くする、ということは
可能なのです。それには、規則正しい生活習慣が大切です。

 

脂質や糖質を減らした、野菜中心の和食がとても効果的です。

 

また、適度な運動もおすすめされています。
激しい運動である必要は、ありません。

 

20分程度の軽いウォーキングを、
週に2回から3回取り入れるだけでも、動脈硬化のスピードを、
随分と遅くすることができるんです。

 

加齢は動脈硬化の原因のひとつではありますが、
それら以外の要因も深く関わり合っている、
ということがわかります。

 

加齢による進行を遅らせるためにも、
良い生活習慣を保っていきたいものですね。

 

 

動脈硬化改善サプリ ランキング