動脈硬化 アルコール

MENU

アルコールは、動脈硬化の原因となるの?

動脈硬化の症状・原因について

 

最近、生活習慣病の一つとして
動脈硬化の患者数が増えていることが、問題視されています。

 

動脈硬化には、さまざまな原因が考えられます。

 

加齢や生活習慣、遺伝的要因などが関係しているんです。

 

命に関わる動脈硬化に注意

 

動脈硬化の症状・原因について

 

動脈硬化は非常に患者数が多く、テレビや雑誌、
インターネットなどでも取り上げられる機会が多いため、
動脈硬化という言葉を聞いたことはあってもあまり深刻に考えない
という方も少なくありません。

 

しかし、本当に動脈硬化は、
気軽に捉えても良いのようなものなのでしょうか?

 

実際は、そうではないのです。

 

実際に、動脈硬化は放置しておくと脳梗塞や心筋梗塞、
狭心症といった命に直接関わるような、
重大な病につながりかねません。

 

それで、動脈硬化を軽く考えるのではなく、予防や
早期発見・早期治療に努めるという事は、いつまでも
元気で若々しく過ごしたいという方にはとても大切な事なのです。

 

自分やご家族の命を守るためにも、動脈硬化について、
正しい知識を取り入れておくことは必要です。

 

動脈硬化の原因を知る

 

動脈硬化の症状・原因について

 

効果的に動脈硬化を予防するためには、
その原因となる事柄について知っておくとよいでしょう。

 

それで今回この記事では、様々な生活習慣病の
原因として挙げられている、アルコールと
動脈硬化の関係について
、調べてまとめてみました。

 

お酒が大好きでなかなかやめられない!
でも、動脈硬化を予防したい、とお考えの方は、
ぜひ参考にして下さい。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

動脈硬化とアルコール

 

動脈硬化の症状・原因について

 

アルコールは高コレステロールの原因に

 

アルコールそのものが体に悪い、というわけではありません。

 

1日頑張った終わりに飲むお酒は、
心も体も元気にしてくれるものですよね。

 

しかし、アルコールを過剰摂取することは、
さまざまな病気の原因となってしまうんです。

 

動脈硬化の大きな原因の一つに、
高コレステロール症という症状があります。

 

アルコールを長期的に過剰摂取することは、
悪玉コレステロールを増やしてしまうので、
結果として動脈硬化の原因となります。

 

アルコールを分解する働きと中性脂肪を分解する働きは、
同じ肝臓で行われています。

 

アルコールを過剰摂取することによって、
肝臓がアルコールを分解する事の方に忙しくなるため、
中性脂肪をうまく分解することができないんです。

 

それにより、血液中の脂質が高まってしまうので、
動脈硬化が進んでしまう
というわけです。

 

 

動脈硬化改善サプリ ランキング