動脈硬化 改善

MENU

高血圧とはどのような状態なのか?何故血圧が上がるのか?

高血圧 画像

日本のおよそ3,500人が高血圧症を発症しており、
40代以上の約4人に1人の割合で血圧が高い状態であると
いわれています。

 

では、何故血圧が高くなってしまうのか、そして
高血圧とはどのような状態なのかについて
お話ししたいと思います。

 

 

では高血圧とはどのような状態なのか?

 

高血圧というのは、血管を流れている血液の圧力が非常に
高い状態を指します。

 

高血圧を引き起こすと、様々な合併症などを引き起こしてしまうほか、
日本の三大死亡原因ともいわれている心不全などの心疾患、
脳梗塞などの脳血管疾患にとても関係のある危険性の高いものなのです。

 

また、高血圧は自覚症状がないのが特徴で、知らないうちに症状が
進行し、気が付いた時には「手遅れ」と言われる状態に陥って
しまうのです。

 

そうしたことから、「サイレントキラー」とも呼ばれているのです。

 

 

何故高血圧を引き起こしてしまうのか?その危険因子とは?

 

実のところ、高血圧を引き起こす要因はまだ不明だといいます。

 

9割以上は本能性高血圧症と呼ばれており、原因は判明していません。
ただ、生活習慣と遺伝による体質が深く関係していることは
現時点で判明しています。

 

それでは、高血圧を引き起こす要因危険因子について解説します。

 

 

塩分の過剰摂取

動脈硬化改善サプリ 画像

 

高血圧を引き起こさないためにも食生活には遠くに注意しないと
いけませんが、その中でも特に注意したいのが塩分です。

 

というのも、塩分の過剰摂取は高血圧の要因ということが
わかっているからです。
そして、高血圧を引き起こさないためにも、塩分の過剰摂取や
味付けの濃い食事はあまりお勧めできません。

 

なぜ、塩分の過剰摂取が高血圧の要因ともいわれているのか、
それはまだはっきりとした原因は不明で、現在もなお研究中とのことです。

 

ですが、塩分に含まれているミネラルの一種であるナトリウムには、
血管内が過剰な状態へと陥ることで、血管を縮小させる働きを持つ
交感神経を緊張させるともいわれており、それにより血圧が
上がるというのです。

 

また、塩分の過剰摂取を続けることで、
体が必要以上に水分を求めようとするのです。

 

これは、体内の塩分(ナトリウム)の割合が多くなることで、
その濃度を少しでも薄めようと水分を求めようとするのです。

 

このように、水分も過剰に摂取することで、体内の水分量も増え、
それにより血管が広がり血圧が上がってしまうといわれています。

 

 

肥満、運動不足

動脈硬化改善サプリ 画像

 

適切な運動を行うことにより、血行が促進され、血液の中が
ドロドロした状態を防ぐ効果があります。

 

しかし、あまり運動しないと血液中の酸素が十分に行き渡らなくなり、
血液がドロドロした状態へと陥りやすくなるといわれています。

 

また、肥満状態の人は適切な体型の方と比較すると血液中の酸素を
より多く全身に送らないといけないことから、血管への負担も
その分多くなり血圧が上昇傾向になるともいわれています。

 

 

煙草の吸いすぎ

動脈硬化改善サプリ 画像

 

喫煙することで、高血圧に陥りやすいともいわれています。

 

煙草を吸うことで、煙草に含まれているニコチンが脳内の血管を
縮小させ、その後に一気に血液中の酸素を送り込むことで血流が
上昇することで血圧が上がってしまうのです。

 

 

ストレス

動脈硬化改善サプリ 画像

 

過剰なストレスも高血圧の要因にもつながります。

 

ストレスを感じることにより、ホルモンの分泌量が減少し、
ナトリウムが適切に排出されなくなります。
そうすることで、血管の縮小、心拍数の上昇し血流が
悪化してしまうのです。

 

 

遺伝

 

比較的年齢が若い方で血圧が高いという場合のほとんどが、
親の遺伝などの影響により体質的な影響が関係している
ケースによるものといわれています。

 

両親ともに高血圧の状態である場合は約5割、そしていずれかの
親が高血圧な場合は約2〜3割が高血圧ともいわれているのです。

 

ですが、高血圧という症状自体が遺伝するというわけではございません。
血圧が上昇しやすい体質が遺伝していますので、もしそうだとしても
普段から運動や食生活に気を使っていれば高血圧対策は十分可能です。

 

 

その他

 

それ以外のケースですと、年配の方は高血圧に陥りやすい傾向に
あるといわれており、その中でも60歳以上の約6割、70歳以上の
約7割が高血圧の傾向があるようです。

 

特に血圧の高低差が大きく、臓器への血流が減少し、合併症を
引き起こすケースが多いというのです。

 

また、妊娠中の女性も高血圧になりやすいともいわれています。
なぜかというと、体の急激な変化と胎児を守ることが
大きく関係しているようです。

 

重症化することで、妊娠中毒症の発症、母子ともに危険な
状態へと陥りやすくなるともいわれています。

 

日ごろから高血圧とは縁がないという方でも、適度な運動や
食生活の改善など普段よりも注意しないといけない時期なのです。