動脈硬化 改善

MENU

高血圧になるとどうなってしまうのか?合併症のリスクについて

高血圧 画像

 

高血圧とは、収縮期血圧が140mmHG以上でかつ
拡張期血圧が90mmHG以上である状態を指します。

 

この基準は日本高血圧学会が作成したガイドラインを
基準にしたもので、理想的な血圧は収縮期血圧が
120mmHGで拡張期血圧が80mmHG未満だと
いわれています。

 

 

高血圧にはどのような種類があるのか?

 

高血圧には主に「二次性高血圧」と「本能性高血圧」
二種類に分類されます。

 

まず、二次性高血圧とは、脳血管障害や慢性腎炎、脳腫瘍などの
病気が原因で発症するもので、続発性高血圧ともいわれています。

 

その他、妊娠中毒症や動脈に関する先天性疾患などが原因で
発症する高血圧も二次性高血圧の一種です。

 

 

もう一つの本能性高血圧とは、明確な原因がわからない状態で
引き起こす高血圧で、高血圧を発症した人の約9割以上の人が
本能性高血圧だといわれているのです。

 

どのような原因で発症したのかはわかりませんが、運動や食生活、
ストレスなどの要素が絡み合うことで高血圧を引き起こしたとも
いわれています。

 

 

高血圧の主な自覚症状について

 

高血圧は自覚症状がないといわれています。

 

ですから、知らないうちに症状が進行し健康診断などで血圧が
高めだと注意されても特に問題ないだろうという気持ちから
そのまま放置することがほとんどです。

 

これといった自覚症状はありませんが、血行が悪化したことで
引き起こす体調不良や不快感は高血圧である可能性を示唆して
いるともいいます。

 

主な症状として、肩こり、頭痛、耳鳴りなどだといわれていますが、
これらは必ずしも高血圧であるというわけではないので、毎日
血圧を測る習慣をつけたり、健康診断をきちんと受けるなど
日ごろから体調管理をしっかりすることが肝要です。

 

 

合併症のリスクについて

 

高血圧で一番危険だといわれているのが、高確率で合併症
引き起こしてしまうことなのです。

 

自覚症状がないまま、高血圧状態に陥ることにより心臓が
その圧力に耐えるために硬化または肥大化してしまいます。

 

それにより動脈硬化が発症し、大動脈流破裂や心筋梗塞などの
命を脅かしてしまうほどの疾患を引き起こす危険性があります。

 

自覚症状がないまま進行していき、ある時突然危険な状態へと
なって発症することから高血圧はサイレントキラーとも
いわれています。

 

 

<発症しやすい合併症>

 

脳で発症する合併症

 

高血圧になることで動脈が硬化しそして脆くなってしまいます。
この動脈硬化が進行することで脳卒中を発症する可能性が
高くなってしまいます。

 

脳卒中には、くも膜下出血、脳出血、一過性脳虚血発作、脳梗塞
4種類があり、どれも命を脅かすほどの症状を引き起こします。

 

 

心臓で発症する合併症

 

高血圧の状態が続くことで心臓の筋肉が肥大化し硬化します。
心臓が大きくなることを心肥大と呼んでおりこの状態が続くと
血液を送り出す機能であるポンプの働きが弱くなり心不全の
原因にもなるのです。

 

また、冠状動脈の硬化が進行すると血管の流れが途絶えてしまい、
血管の中で詰まってしまい、狭心症や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

 

 

目で発症する合併症

 

網膜の動脈が硬化することで、網膜内で出血したり白斑が発生し、
さらに症状が進行することで眼底出血や視力障害を引き起こします。
症状が重症化すると最悪失明に至るおそれがあります。

 

 

腎臓に起こる合併症

 

肝臓や腎臓の動脈が硬化することで、肝機能低下や腎不全
引き起こしてしまいます。
これは腎臓が硬化し、収縮したことにより心不全の要因にもつながるのです。