動脈硬化 手

MENU

気になる動脈硬化を簡単にチェックできる!手に現れる症状とは?

動脈硬化の症状・原因について

 

動脈硬化が身近な病気となり、
あまり深刻に考えない方も増えてきているようです。

 

しかし、本当に動脈硬化は
簡単に考えても良い病気なのでしょうか?

 

動脈硬化とは、どのような症状が現れる病気なのでしょうか?

 

動脈硬化とは?

 

動脈硬化の症状・原因について

 

動脈とは、名前の通り動脈と言われる血管が、
硬くなってしまうことです。

 

通常はしなやかであるはずの血管が硬くなると、
血液をうまく循環させることができません。

 

それで、心臓に大きな負担がかかったり、
臓器の機能が弱ってしまいます。

 

血流が悪くなるので、十分に栄養が行き渡らなくなり、
ひどい場合には臓器が壊死してしまうこともあるようなんです。

 

さらに、血圧が高くなったり、
血管が破れやすくなったりもします。

 

それで、動脈硬化は簡単に考えがちでもありますが、
実はそうではないんです。

 

動脈硬化を放っておくと、いずれは脳梗塞や心筋梗塞、
脳出血などの命に関わる重大な病気に繋がるかもしれないんです。

 

それで、大切なのは早期発見や早期治療、予防などです。

 

そのようにするためには、動脈硬化には
どのような症状が現れるのか?ということをよく知り、
定期的なチェックを行うことが大切です。

 

今回この記事では、動脈硬化の症状として
手に現れる症状について、調べてまとめてみました。

 

いつまでも若々しく元気に過ごしたい!
自分の体は自分でケアしたい!と思っている方は、
ぜひ参考にしてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

動脈硬化の手に現れる症状

 

動脈硬化の症状・原因について

 

動脈硬化は自覚症状が少ないため、
気づいた時にはかなり進行しているということが多いんです。

 

動脈硬化が進行している、ということですから、
気付いた時にはすでに脳梗塞や心筋梗塞などを
発症していることも少なくありません。

 

それで、動脈硬化の自覚症状について知っているだけではなく、
自分の体の変化に敏感であることは、とても大切です。

 

 

 

手がよく冷える

 

動脈硬化の症状・原因について

 

手足がよく冷える、という末端冷え性の人はとても多いので、
全てが動脈硬化の症状であるとは言い切れません。

 

しかし、手がよく冷えるということは冷え性ですので、
それだけ体が体の血行が悪い、と言うことができます。

 

動脈硬化の症状の一つに、体の血液循環の状況が悪くなり、
手がよく冷えるということを感じられる方は少なくありません。

 

若い頃はそうではなかったのに、最近よく手が冷えるなぁ、
と感じておられる方は、要注意です。

 

 

動脈硬化改善サプリ ランキング