動脈硬化 ストレス

MENU

現代人の多くが抱えるストレスは、動脈硬化の原因に!

動脈硬化の症状・原因について

 

現代は、ストレス社会と言われる時代です。

 

学生であっても、働いていても、家庭にいても、
多くのストレスを大抵の人が抱えています。

 

また、最近は生活習慣病に悩まされている方が増えています。

 

生活習慣病と言うと、食習慣や運動習慣などが大切!
というイメージがありますよね。

 

しかし、その生活習慣という言われることの中には、
実はストレスも大きな関係があるんです。

 

そして、それは命に関わる重大な病気につながりかねない、
動脈硬化の原因となるようです。

 

非常に身近な病気でもあるため、あまり深刻に考えない方も多い、
動脈硬化。しかし、放っておくと、とても恐ろしいものです。

 

放っておくと恐ろしい動脈硬化

 

動脈硬化の症状・原因について

 

動脈硬化を放置してしまうと、いずれは脳梗塞や心筋梗塞、
脳出血、心臓病などの
重大な命に関わる疾患につながりかねません。

 

それで、動脈硬化くらい大丈夫と簡単に考えるのではなく、
その予防や早期発見・早期治療に努めることは
いつまでも元気で若々しく過ごしたい、という方には
とても大切な事なんです。

 

自分でできる予防法の一つに、その原因について知っておくとは、
とても大事です。

 

それで、今回この記事では、多くの人がさらされている、
ストレスと動脈硬化の関係について、調べてまとめてみました。

 

ストレスが原因の生活習慣病を予防したい!という方は、
ぜひ参考にして下さい。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

ストレスと動脈硬化

 

動脈硬化の症状・原因について

 

高血圧になる

 

高血圧は、動脈硬化の原因の一つです。

 

常に血圧が高い状態が続くことで、血管に負担がかかります。

 

強い圧力に耐えるため、血管の内側の壁が分厚くなるんです。
実は、この動脈硬化の原因となる高血圧は、
ストレスによって引き起こされることがあります。

 

意識してコントロールすることのできない、
自律神経が刺激されます。

 

交感神経という神経が活発になると、興奮状態になるんです。

 

それにより、血液の量が増え、高血圧の原因となります。

 

あまり自覚症状がなくても、ストレスがたまっている、
という方は多いと思います。

 

しかし、それは生活習慣病の原因となってしまうので、
うまくストレスと付き合う方法を見つけることはとても大切です。

 

運動を取り入れよう

 

動脈硬化の症状・原因について

 

生活習慣病の予防や、ストレス発散に
とても効果的な運動はおすすめです。

 

激しい運動を取り入れる必要は、ありません。

 

しかし、20分から30分程度の軽い運動を、
週に数回取り入れるだけでもストレスを発散することができます。

 

そして、血流もアップし、肥満予防にもなるため、
とてもおすすめですよ。

 

 

動脈硬化改善サプリ ランキング