動脈硬化予防 生活習慣

MENU

動脈硬化予防には生活習慣の見直しが必要

動脈硬化予防について 画像

 

動脈硬化予防をするには日々の生活習慣を見直すと
予防になるそうです。

 

具体的に何をすれば良いのか?
簡単にできる改善策などを調べてみました。

 

 

動脈硬化予防に絶対必要な生活習慣

 

動脈硬化予防について 画像

 

脂の取り過ぎをやめる

 

動脈硬化は、血管の中にごみが付着してその部分の血管が固くなって
しなやかさが失われ、ちょっとした衝撃で血管が破れてしまう病気
です。

 

脂っこい食事が大好きな人は要注意です。

 

絶対に必要な動脈硬化予防の生活習慣は「油脂の摂取量を減らす」のが一番です。

 

油脂は、例えばサラダ油、マーガリン、から揚げの油、天ぷら、ウインナーの油脂、
菓子パン、ケーキ、洋菓子のほとんどなどが当てはまります。

 

他にも血管にたまりやすい油脂の種類が「動物性の肉の油」です。
牛肉の脂肪分、豚肉の脂身、鶏肉の皮の部分、ここは美味しいですが……
できるだけ取り除いて食べるようにすると効果があります。

 

外食中心の人でも、肉を食べる時に脂身を取り除けばかなりの生活習慣の
改善になるはずです。

 

塩分の取り過ぎは要注意

 

塩分の取り過ぎもよくないです。

 

どうしてかというと、塩を必要以上に取るとのどが乾いてしまいます。
水分を大量にとりますよね?

 

この行為が血管に負担をかけ過ぎて、血圧がどんどん上昇してきます。
血圧が上がると血管はもろくボロボロになってしまうので要注意です。

 

塩味でなくても、酢を活用して野菜を食べるとか、かつお節を使ってみるとか、
素材そのものの味を活用するとおいしく食べられます。

 

 

動脈硬化予防の生活習慣には運動も必要

 

運動も大切

 

動脈硬化予防について 画像

 

普段から適度な運動をしていると、血管にごみがつくことを回避したり
動脈硬化予防の助けになります。

 

生活習慣病と言われた人は、9割以上の人が運動していません。

 

運動といっても難しいことではなく、1日に20分歩くだけでもかまいません。

 

この歩くという行為が血液中の脂肪分を減らしたり、高血圧の人は
筋肉がつくことによって血圧が緩やかに下がっていくということもあります。

 

何度も高血圧という言葉が出てきますか、血圧が高いと動脈硬化になりやすいです。
血圧が安定するということは動脈硬化予防につながるので、運動をする生活習慣を
少しだけ取り入れると良いそうです。

 

睡眠をとることも大切

 

動脈硬化予防について 画像

 

動脈硬化予防には、生活習慣の中で睡眠が大切と言われています。

 

しっかり眠って疲れをとることで、ストレスが改善されて血管の緊張が
なくなるそうです。

 

いつも疲れてストレスがたまった状態だと、血液はドロドロで
ゴミがたまりやすい状態で、動脈硬化になりやすくなってしまいます。

 

しっかりと睡眠をとって、心身ともにリフレッシュすると動脈硬化予防に
つながる
そうです。

 

 

動脈硬化改善サプリ ランキング